『ウィザースホーム』の坪単価は約70万円です!!

 

 

 

しかし!!

『ウィザースホーム』にはたくさんの種類の住宅があります。一般的には坪単価は70万円前後と言われています。もちろん安価ラインの住宅シリーズであれば、坪単価50万円台の前半も実現的に可能なのですが、最上級ラインの「プレステージ リアード」で、さらにトップグレードの総タイル張りを採用すると、坪単価は大きく跳ね上がり、85万円を超えるケースもあるのです。さらに住宅の大きさや広さ、間取りなどによっても坪単価は大きく変わってくるのです。このようにシリーズによって価格差が大きいので、

 

一概に【ウィザースホームの坪単価は約70万円】とは言い切れないのです。

 

更には採用する内装材や窓、外壁材、断熱材などによって、これまた建築費が大幅に異なってくるのです。

 

ですから実際に見積もりを取ることをオススメします。『ウィザースホーム』のHPには多くの建築事例が載っています。そこで自分の好みの商品シリーズを選び、自分の建築条件や、希望の設備仕様などを踏まえた内容で見積もりを取るべきなのです。

 

 

タイル外壁が素敵な『ウィザースホーム』!!

 

 

『ウィザースホーム』見積もりはこちらです!!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

ネット上にある『ウィザースホーム』の坪単価は信じるな!!

ウィザースの真実

ウェブ上には多くの情報がありますが、それら全てが本当・現実・真実とは限りません。その情報を鵜呑みにすると痛い目に会う場合があります。最近ではインターネットリテラシーなんて言葉もあるくらいです。ウィザースホーム公式のHPに記載されている内容ならば、間違いの無い真実でしょうが、個人のブログや公式では無い住宅サイトの情報は鵜呑みにしてはいけません。適当な内容を書いている人も実際にいるのです。踏み込んで言えば、

 

このサイトでさえ然りです!!

 

鵜呑みにせず、ご自身で見積もり請求をすることが一番正しい方法なのです。実際に見積もり請求をして確認することが一番間違いの無い方法なのです。あなたが考えている広さ、大きさ、仕様、デザイン、間取りなどを加味した内容の見積もりを取れば、坪単価は細かい数字まで、きっちりとわかるのです。ウィザースホームのオシャレな住宅が気になるのなら、見積もり請求を強くオススメします!!

 

 

ネット見積もりなら【タウンライフ ハウスメーカー特集】 2018お勧め!!

【タウンラフ ハウスメーカー特集】の4つのポイント!!

 ネットで簡単見積もり!
 営業されない!
 複数社から見積もり!
 無料・タダ!

 

【タウンライフ ハウスメーカー特集】は、インターネットからの申し込みで、ハウスメーカーの「見積もり」を請求することが簡単にできるのです。もちろん『ウィザースホーム』もネット見積もり可能です。
休日にわざわざ住宅展示場やモデルハウスなどに行かなくても、簡単に見積もりが簡単に手に入るのです。しかも、インターネットで手続きの全てが完結するので、しつこくわずらわしい営業をされる心配もありません。これは非常に大きな魅力です。ネットから請求して、あとは自宅で待つだけです。更には、『ウィザースホーム』以外の他のハウスメーカーの見積もりも、同時に複数請求できるので比較検討にはとても便利です。多くのハウスメーカーの見積もりや資料を集めて比較すれば、『ウィザースホーム』の魅力もよくわかるはずです。

 

『ウィザースホーム』のネット見積もりなら相見積もりが常識

『ウィザースホーム』の見積もりは、

 

ネットで簡単に請求できます

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

 

 

 

 

★重要!!

ウィザースホームの見積もり請求するなら『相見積もり』!!

 

●ハウスメーカーの検討は「相見積もり」が重要です!!

 

メープルホームズの坪単価!!

注文住宅の検討に際しては「相見積もり」が非常に重要になります。気になるハウスメーカーの見積もりを集めて、慎重に比較検討することが大切なのです。資料や間取りだけを集めて比較しても全く意味がないのです。価格・費用・値段がはっきりとわかる見積もりを揃えなければ真の意味での比較はできません。

 

『ウィザースホーム』は2×6(ツーバイシックス)工法を採用しています。同じ2×6(ツーバイシックス)工法、もしくは2×4(ツーバイフォー)工法を扱うハウスメーカーと比較して「相見積もり」するのがベストでしょう。

 

ツーバイフォー&ツーバイシックス工法を扱うハウスメーカー
 セキスイハイム
 三井ホーム
 三菱地所ホーム
 住友不動産
 ヤマダ・エスバイエルホーム
 東急ホームズ
 セルコホーム

※全部まとめて見積もりできます!!

 

 

★『ウィザースホーム』の見積もりが自宅に届く!!

ドマーチェ

 

 

『ウィザースホーム』のネット見積もりならこちらが便利!!

【タウンラフ ハウスメーカー特集】の4つのポイント!!

 ネットで簡単見積もり!
 営業されない!
 複数社から見積もり!
 無料・タダ!

 

上記の【タウンライフ ハウスメーカー特集】は、インターネットからの申し込みで、ハウスメーカーの「見積もり」を請求することができる画期的なサービスです。もちろん『ウィザースホーム』の「見積もり」も簡単に請求できます。

 

パソコンやスマホから「相見積もり」が出来るのです!!

 

わざわざ休日に住宅展示場に行かなくても、自宅に居ながらハウスメーカーの見積もりが簡単に手に入るのです。しかも、インターネットで全てが完結するので、わずらわしい営業をされる可能性が極めて低いのです。更には、『ウィザースホーム』以外の他のハウスメーカーの見積もりも、同時にまとめて請求できるのが大きな特徴です。複数のハウスメーカーの見積もりや資料を集めて比較検討すれば、『ウィザースホーム』の魅力もよく理解できるはずです。

 

また、この【タウンライフ ハウスメーカー特集】は、見積もりに即した間取りプランも一緒に送ってくれるので、より具体的に検討することができるのです。しかも見積もり請求は何社しても “無料” “タダ” なのです。タダで多くのハウスメーカーの見積もりと間取りを集めることができる画期的なサービスなのです。注文住宅を検討している方は利用しない手はありません。また、すでに『ウィザースホーム』の見積もりを持っていたとしても、他のハウスメーカーの見積もりも絶対に請求するべきなのです。沢山集めて比較検討することが家づくり成功の近道です。

画像はウィザースホームHPより引用しています。

 

 

【コラム】 2×4工法(枠組壁工法)

工法

2×4工法(枠組壁工法)は地震に強い

2×4(ツー・バイ・フォー)工法は、アメリカで19世紀に開発された工法です。2インチ×4インチの枠組木材を使うため、このように呼ばれています。 2インチは5.08cm、4インチは10.16cmですが、乾燥させるため、実際には4cm x 9 cmぐらいになります。この材木に合板を貼ってパネル(枠組壁)を作り、そのパネルを壁や床にする工法です。

2×4は地震に強く、建築費が安い

この工法の利点は、地震に強いということ。そしてパネル自体とてもシンプルで、工場で作ったものを現場で簡単に組み立てることができるということです。手間がかからないことから、建築費が安いのが利点です。この2つの利点が、北米で約90%のシェアを獲得している主な理由でしょう。

 

間取りの自由がきかない2×4

欠点としては、日本の2×4メーカーは適切な建築費設定をしておらず、木造軸組並みの建築費を充てているということです。また、階上の壁は必ず階下の壁の上に配・置しなければならないため、木造に比べ、間取りの自由度が低いということも欠点になるでしょう。

 

いま一戸建て住宅はいろんな工法で建てることができます。昔ながらの柱と梁を組んでつくる木造軸組、アメリカ生まれのツーバイフォーエ法(これは柱や梁の代わりに壁や床パネルを組み立てて箱型の構造体=住宅の骨組をつくります)、またプレハブも増えました。プレハブは構造体の素材が鉄骨、木造、コンクリートといろいろで、部品を工場で生産します。の工法で建てても、完成してしまえばほとんど区別がつきません。瓦屋根のどこから見ても和風そのものの家が、実は鉄骨プレハブだったりすることがよくあります。しかし、これらの工法の長所や欠点をよく知っておかないと後悔することもあります。設計の自由度や増改築のしやすさで選ぶなら木造軸組でしょう。我が国に昔からあるこの工法は、狭い変形敷地に建てるなどというときにはうってつけの工法。一方、ツーバイフォーエ法やプレハブは構造上の制約が多いのでこの点では不利です。後で増改築しようというときに、この壁は動かせない、あれもいじれないといったことが少なくありません。

 

木造軸組は柱や梁の材料もいろいろあって、値段も質もピンからキリまで。檜の柱もあれば安い輸入材もあります。柱の太さなどもいろいろですから、コストを下げるには緇くて安い材料を使えばいいわけで、そんな住宅もたくさんあります。それでも自分であれこれ選べる部分はいいですが、気をつけないと、見えないところで安い材料を使われる可能性もあります。また最近では経験のある大工さんが減り、それにつれて技術レベルが低下しているというのが専門家の間では常識なので、それも気掛かりな点の1つです。意図的な手抜きでなくてもミスが多くなっているのです。

 

ツーバイフォーエ法はパネルの材料が合板で、どんな会社でもだいたい同じような材料を使います。また、プレハブの材料は工場生産の規格品です。これらの工法では材料を選べない分、材質を落とされる心配もありません。施工方法も木造軸組とは違い、それほど技術のいらないシンプルなものです。かといってミスがないとは言い切れないのですが……。ただしこれはあくまで構造体に関してだけの話で、基礎や仕上げは別。工法が違っても構造体以外の作業はどの工法もだいたい同じです。クルマや家電のように、工場から完成品になって出てくる住宅なんかないので気を抜くことはできません。


 このエントリーをはてなブックマークに追加