無料サービスの多いハウスメーカーの家は高い!!

無料サービス

「敷地の調査は無料です」「とりあえず、プラン書いてみましょう。見積もりを出してみましょう。無料ですから」と、本来ならお金が発生するはずの仕事を無料でやってくれるハウスメーカーや工務店もたくさんあります。しかし、実際には、敷地調査には5万~8万円の費用がかります。その上、何度も打ち合わせをしてプランを検討する作業は、住宅会社の設計人員の人件費を使うわけですから、実際は数万円の金額では収まりません。ハウスメーカーや住宅会社も慈善事業ではない以上、発生した経費は何らかの形で回収しなければならないのです。

 

では、どうやって回収しているのでしょうか? それは、最終的に契約した人に支払ってもらっているのです。つまり、住宅の購入代金の中に、ほかの人が頼んだ無料敷地調査やプラン作成のコストも上乗せされているのです。住宅会社の営業マンは1組の契約を獲得するために少なくとも10~15組、場合によっては20組以上の見込み客と接しているのです。つまり、結局は契約をしない十数人分のサービスまでを含んだ費用を、契約した人が負担しているのです。無料プランや無料調査などのように無料サービスの範囲が広がれば広がるほど、実際契約した人の負担が大きくなるということになります。

 

 

無料相談会

無料設計

無料敷地調査

無料プラン設計

 

 

これらの費用は、すべて契約者が払う!!

 

 

無料サービスが多い会社の住宅は高い!!

 

 

 

無料サービスが住宅価格を押し上げる!!

本来、敷地調査やプラン作成の費用は、その都度依頼主が支払うのが通例でした。ところが、契約をするきっかけをつくるために、親切なふりをして「うちはタダでやりますよ」という会社が現れたため、追随する会社がどんどん増えてしまったのです。そのせいで、日本の住宅価格は、諸外国と比べてずいぶん高くなってしまいました。住宅の価格が高い原因は、たくさんあります。そもそも材料費や人件費が高いこと。材料の流通経路が、複数の問屋を経るなど複雑なため、積み重なった中間コストが販売価格を押し上げているのです。ただし、最近はインターネットでメーカーと直接取引することで中間流通業者コストを削減して材料費を抑える工夫をしているハウスメーカーや工務店も現れています。

 

また、現場の人手不足で人件費が高騰していることも、住宅価格の上昇の大きな要因です。その上、他人のコストの負担もあるのですから、たまったものではありません。最終的に契約に至らなかったとしても、途中までかかった経費は本人が払うべきものです。そこで最近は少しづつですが、実費分を請求するハウスメーカーや工務店も出てきました。無料プランのほうがおトクだと思いがちですが、それは大きな間違いなのです。


 このエントリーをはてなブックマークに追加