注文住宅の検討ポイント

 

買うマイホームと違って「建てるマイホーム」なので、自分たちが家づくりにどれだけ関われるかが重要になります。資さらには、金の面でも十分な用意が必要となるでしょう。

 

 

 

 

 

分譲マンションや建売住宅の購入で窓口となる業者は基本的に販売会社です。注文住宅の場合、設計業者と施工業者と深く関わることになります。なかでも、設計業者つまり建築士とは直接やりとりする機会が多いので、信頼できるかどうかに加えて相性のよさも無視できません。また、建築士によって得意な設計スタイルがありますし、どの工務店にもやり慣れている工法がありますから、その辺りも事前に検討しましょう。

 

注文住宅の家づくりには時間も必要です。注文住宅を建てる作業は、「発注すればあとは完成を待つだけ」ではありません。何度も設計の打ち合わせをしたり、工事現場に足を運んで進行状況をチェックしたりと、やるべきことがたくさんあるのです。建て生や家族がどれだけ家づくりに関われるかで、盛り込める希望や完成時の納得度が違いますから、その「関わり具合」はとても重要なのです。

 

「買う」マイホームともう一つ違う点が、「家が完成するまで総費用が確定しない」ということ。見積もりや予定額は最初にわかりますが、打ち合わせや設計をきちんとしていないと途中で追加工事が発生したり、設計の大幅な修正が必要になったりすることも。工事が始まってからキャンセルするわけにもいきませんから、資金面の問題がないかは念人りに確認を。

 

ハウスメーカーの場合は誰が設計する?
注文住宅を扱っているハウスメーカーは、内部にある設計部門が設計を担当します。設計事務所だと建築士と直接打ち合わせをしますが、ハウスメーカーの場合は営業担当者が窓口になるのが普通です。

 

 

 

信頼できる業者かどうか

設計事務所に工務店、またはハウスメーカーなど、関わりを持つ業者それぞれの信頼度をチェックしましょう。

 

 

資金の面で各業者の能力は

十分にあるか専門家にも得手不得手があります。自分たちが建てたい家のタイプを得意としている業者に依頼することが大切です。

 

 

資金面で問題がないか

購入と違って「建てる」場合は費用が流動的です。終わってみれば予算を大きく超えていた、なんてこともあり得ます。

 

 

家への関わり方はどれぐらいか

注文住宅は、建て主と業者(おもに建築士)の共同作業となります。建て主の関わり具合で家の性格も変わってくるのです。

 

 

注文住宅にする必要があるか

建売で買える家をわざわざ注文で建てるのは効率が悪いことです。注文住宅ならではの家が必要かどうか検討しましょう。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加