短い工期は欠陥住宅の原因!!

工期の短縮

注文住宅を建てるには、どれぐらいの期間がかかるの?

建売住宅と異なり、注文住宅は頼んでから入居できるようになるまで時間がかかります。その目安は4~8ヵ月ですが、構造や工法、プランによっては大幅に変わってきます。 

 

 

注文住宅の工期 4~8ヶ月

 

 

構造や工法、規模やプランニングにもよりますが、着工から引渡しまで「最低4ヵ月」が目安になるでしょう。これは夏冬の休みの期間も含んだうえでの期間です。最近では、「もっと短い工期で可能です」というセールストークも聞かれます。しかし、それは充分な準備期間がとれていて、なおかつそれなりの工法を採用してはじめて成り立つ工期短縮であり、注文住宅のような単品生産、現場生産のものでは難しいと言えるでしょう。ですから、引渡しから逆算して着工の時期を考える必要があります。「新年を新居で迎えたい」と思えば引き渡しは12月となります。ですから6月には設計を終えて、着工の準備をしなければなりません。また、「新学期から新居で」ということなら9月には着工しないと、予定通りには間に合いません。

 

着工前の下調べや、施工業者の選定にじっくり時間をかけたいなら、家づくりは入居したい時期の半年以上前、できれば1年前からはじめるべきでしょう。というのも、下調べや施工業者の選定などをいい加減におこなうことが、欠陥住宅をはじめとしたトラブルのひとつの原因ともいえるからです。また、途中で間取りを変更したり、使う材料や建材を再検討したりすると、工期はどんどん長くなります。工事段階でのプラン変更は、経済的にも負担が大きくなります。

 

■住宅の工期の目安

建売住宅 0ヶ月
建売住宅(青田売り) 0ヶ月~3か月
注文住宅(ハウスメーカー) 4か月~8ヶ月
建築条件付き 5か月~10ヶ月
注文住宅(設計事務所) 6か月~12ヶ月

 

 

 

十分な工期が欠陥住宅を避ける最善策!!

工期が欠陥

建築期間中、現場に足を運んだ建築主の方から、「何の作業もしていない時があるようだけど、どうなっているの?」という質問を受けることが多々あります。実は、これはさぼっているわけではありません。「養生期間」といって、家づくりには重要な時間なのです。例えば、コンクリートの強度が出るまでの期間、下地モルタルに充分にヒビを発生させるための期間、現場で塗ったペンキが乾くまでの期間、フローリングやシートを仮敷きしている期間などなど。これらの時間があとあと、施工精度や建物の寿命にも大きく影響してくることがあります。

 

もちろん、天候や気候にも大きく左右されることがしばしばあります。雨が続いたために養生期間が大幅に長引くことがありますし、そもそも悪天候の日にはできない作業もあるのです。引渡しから逆算した時期を過ぎての着工であっても、引渡し時期に間に合っているケースが数多くあります。それは往々にして「養生期間」が短縮されていたり、充分な検討や打ち合わせなしに施工が進められてしまったりしているのです。職人さんは、今日行ったら今日中に仕事を終わらせてしまいたい、という考え方の人が多いため、いわゆる「やっつけ仕事」になってしまうことも少なくありません。これこそが注文住宅の品質低下の大きな原因です。そして、欠陥工事を誘発する大元なのです。すなわち、建築工事には適正な「工事期間」が必要なのです。建築には充分な期間を見込んで下さい。万が一、遅れてしまうようなことがあっても、たった何力月かのことで無理に急かしたりするのは絶対にお勧めできません。これから何十年も住む家です。後悔しない家づくりをしましょう。

 

 

設計期間はどれくらい必要?

大手の有名ハウスメーカーなら1~2ヵ月、建築条件付なら1~3ヵ月、設計事務所に依頼すると3~6ヵ月程度の設計期間は必要でしょう。いずれにしても、建物が最低でも25年、長ければ50~60年もつことを考えれば、とても短い期間といえるのではないでしょうか。「設計期間を短くして」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、ここでの時間短縮は、設計の質に影響し、家の寿命を縮めることにもなりかねません。家づくりは設計段階からじっくり取り組みたいものです。

 

 

●ハウスメーカーの無料設計してみませんか?

こちらのサイトでは、大手の有名ハウスメーカーが無料で設計、間取りプランの提案をしてくれます。積水ハウスやダイワハウス、ミサワホーム、セキスイハイムなどの実績豊富なトップハウスメーカーばかりです。簡易的な設計やこだわりの設計まで、すべて無料で行ってくれます。

 

 

おススメの使い方としては、同一条件で多くのハウスメーカーに設計依頼をすることです。そうすることで、各社の得意不得意や、自分に合うかどうかの比較検討がとてもしやすくなります。無料なので、ぜひ利用してみてください!!

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加