2階建木造住宅には「構造計算」が必要ない!!

木造の構造計算

「構造計算」をしていない住宅は安心できない!!

住宅には安全と安心が必要不可欠だと私は日頃から訴えています。安全とは住宅が耐震性や耐久性、断熱性などの性能を100%発揮し、住む人を守ることなのではないでしょうか。安心な住まいとは、住む人がそうした住宅の性能を100%信じれるかどうかだと思っています。安全と安心をより確かなものにするために、建築前に基本的性能を確かめる「構造計算」が大切です。

 

構造計算とは、地震が起きたときに建物の各階が水平方向にどのくらい変形するか(層間変形角)、建物がどのくらいねじれるか(偏心率)など、建物にかかるさまざまな負荷や荷重を設計図の段階で検証し、建物が安全な状態を保てるかどうかを建築前に確認することです。10数年ほど前に、一級建築士が設計を請け負った物件の耐震性を偽装し、建築基準法に定められた耐震基準を満たさないマンションやホテルがたくさん建てられていたという「姉歯事件」「構造計算偽造事件」が発覚しました。「耐震偽装問題」とも呼ばれたこの事件で、構造計算という言葉は広く知られるようになりました。

 

 

木造2階建住宅には構造計算が必要ない!!【みんなが知らない真実】

構造計算は絶対に必要な物です。構造計算をしていない住宅なんて買いたくない!!と思われるでしょう。しかし、現在の日本では、一般の住宅である木造2階建てについて構造計算を行う必要がないのです。別に違法というわけではありません。2階建て木造住宅は、構造計算の義務化がされていないので、構造計算なしで建築確認が下りるのです。しかし、こんなデタラメな制度は、先進国では日本以外にありません。

 

私は常日頃から、木造2階建ての住宅でも構造計算を行うことを提唱しています。そして実際に様々な運動も繰り広げています。構造計算は慣れている住宅会社なら、費用もさほどかけずに出来るはずです。これを面倒がらずにやってくれるか否かは、構造に対する意識が高いハウスメーカー、工務店、住宅会社か否かを判断する非常に重要な目安になります。お客さんの安心を考えたら、こちらから何も言わなくても「建築基準法上はやらなくてもいいのですが、絶対にやったほうがいいですよ」という申し出があってしかるべきなのではないでしょうか。逆に、こちらから提案してもあれやこれやとごねるようなら、ほかのハウスメーカーか工務店を探したほうがいいでしょう。

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加