気密性と換気の関係を理解していますか?

C気密 換気

気密が高くなると換気が悪くなる???

ネットなどを見ていると、気密性の高い住宅だと空気がよどむと思い込んでいる人がけっこういることに驚かされます。結論からいうと、それは大きな間違いです。なぜならば、換気があるからです。家の中の空気は換気によって、常に入れ替えられているからです。2003年以降に施工された戸建てやマンションなどは、すべて24時間換気システムが標準になりました。設置が義務付けられたのです。家の中の空気を、2時間に1回全部入れ替えるのがそのルールです。これは、シックハウス症候群やアトピー、アレルギーの問題が社会的に強く注目されるようになり、住宅の換気の重要性が説かれるようになった影響です。

 

気密性が高くないと室内に新鮮な空気が入ってこられず、換気は機能しないのです。24時間換気システムでは、一般的には風呂やトイレなどに換気扇をつけ、リビングや各居室に吸気口がついています。風呂やトイレから空気を押し出すことでリビングや居室に新鮮な空気が入ってくるのです。この仕組みが円滑に稼働して初めて、換気が十全に機能しているといえるのです。

 

 

 

「気密性が低いと換気が悪くなる」が正解!!

その仕組みは、ストローを用いたたとえ話で説明できます。水の入ったコップにストローを差し込んで、口でストローをくわえて息を吸うと、ストローの中を水が勝手に口の中に運び込まれてきます。では、ストローに針をブツブツと突き刺し、穴を何か所か開けるとどうなるでしょう。強く吸ってもほとんど水が入ってこないはずです。隙間があるせいで気密性が損なわれ、水が漏れていくからです。

 

家の気密性も全く同じです。高気密の家は、室内の空気がしっかりと外に吸い出されていきます。しかし、気密が悪い家はストローに穴が開いているような状態ですから、室内の空気がなかなか外に出ていきません。つまり高気密でない住宅は24時間換気が十分に機能しないということになります。だからC値が大きい、すなわち気密性が低い家では、家の中の空気がよどんでしまうのです。

 

 

「高気密」と「換気」で住宅が長持ちする!!

 住宅業界に携わっている人でも「高気密なんかにしたら、空気が汚くなりますよ」と平気で口にする人がいます。驚くことに、ハウスメーカーの営業マンの中にもいるのです。その時、次のような言葉で説明することが多いようです。「頭からビニール袋をかぶって、袋の囗をゴムで締めて呼吸してみてください。空気はすぐに汚くなりますよね」確かにその通りなのですが、この言葉には重要な要素が抜け落ちているのです。換気の役割を全く無視しているのです。住宅は、屋根から袋をすっぽりかぶせて閉じているわけではありません。常に換気がされているので、気密性が高いほど空気はきれいになるのです。さらには、気密性が高くなることで、木造住宅の天敵である湿気や湿度がこもりやすくなるのでは?と心配される人もいるのですが、それも間違った認識なのです。

 

 

木造住宅では、湿気がこもると結露が生じやすくなり断熱効果が下がり、木材が腐食したり、カビやダニが発生したりします。しかし気密性の高い住宅で、適切な換気を行えば、湿度も上がりにくくなり、余分な湿気や湿度を防ぐことができます。ですから結露も少ないのです。結果として、建物も長持ちすることになります。断熱と気密と換気は、相互に密接に関係しているのです。断熱性能だけをいくら高めたところで、気密性能が低ければ、断熱効果は発揮されず冬は寒く夏は暑くなり、さらに結露による断熱性能の更なる低下や家の寿命を縮めるという結果になってしまいます。また、嫌な匂いが室内にこもったりもします。これを理解していない「高気密高断熱住宅信望者」が非常に多いのです。断熱と気密と換気は相互作用があるので、三つともに優れていないと相乗的な効果は望めません。住宅の中に快適な空間は生まれないのです。だからこそ、この三つの性能に関しては妥協することなくこだわるべきなのです。

 

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加