今や常識になった『バリアフリー住宅』 問題点~基礎知識

バリアのフリー

 

たとえ今若い年代でも、いずれ高齢者になるときが来ます。二世帯住宅に限らず、「バリアフリー」は誰もが検討すべきことなのです。住宅のバリアフリー化は高齢化社会の到来とともに認知度が上がり、急速に浸透を見せています。バリアフリーという言葉は、1970年代に障がい者の生活をバックアップするものとして登場しました。最初は、視覚障がい者や身体障がい者のための生活用品を指す言葉として使われていましたが、最近ではもっぱら建築用語として使われることが多くなっています。

 

同様の言葉にユニバーサルデザインがあり、こちらのほうは障がい者だけでなく「誰にでもやさしい商品・サービス」を強調した概念。高齢者や子供も含む、あらゆる人にとって利用しやすいことを狙いとし、バリアフリーという言葉はこちらに置きかわろうとしています。実際、住宅のバリアフリー化は障がい者だけでなく、高齢者や子供、さらには健常者にとっても安全で使い勝手がよいのですから、ユニバーサルデザインという言葉のほうが適切かもしれません。

 

 

バリアフリーつて何?

バリアフリーとはバリア(障害)がフリー(ない)という意味で、おもに高齢者が安全かつ快適に暮らせる家や街のつくりをさします。高齢者の事故死が交通事故に次いで家庭内で多く発生していることからも、バリアフリー住宅はすでに当たり前になっています。しかし、「バリアフリーとは?」と問われたとき、的確な返事をするのは意外に難しいものではないでしょうか。というのも、運動機能や障がいの程度によって、求められるバリアフリーの内容も異なるからです。

 

一般には「段差をなくす」や「手すりをつける」などがバリアフリーの基本とされていて、もちろんこれらも重要な要素ではあるものの、それだけではすべての人に優しい住宅にはなりません。たとえば、高い所に手が届かない人にとって、スイッチ類は低い位置になければ不自由です。また、人気のフローリングは、滑りやすく危険です。

 

ケースバイケースで対応することが重要

ここでバリアフリー住宅のあるべき姿を検証するのは困難なので、参考までに、下の表に住宅金融支援機構のバリアフリー技術基準を示しておきましょう。機構の基準も段差の解消や手すりの設置、ゆとりのある通路などが軸になっています。細部にわたって詳細な決め事をつくったのでは、かえってバリアフリー住宅の普及を阻害するということもあるのでしょう。大きいくくりで安全性や使い勝手を高め、あとはケースバイケースで対応すべき、という考え方のようです。

 

行き過ぎ、過剰設備に要注意!!

バリア―フリー住宅にも問題点があります。「段差をなくすには『たたき』も『上がり框』も平らにするのがよい」という考え方が、ひと頃大いにはやりました。ところがこれには大きな欠点があって、急速にすたれてしまいました。にしろ「ドアの下の隙問から風やゴミが舞い込み、雨が吹き込んで始末におえない」といった不都合がいっぱい出てきたからです。乾燥したヨーロッパの気候ならばよいのかもしれませんが、雨の多い日本には不向き。日本では室内と室外に段差を設けて区切りをつけるのが、古来からの生活の知恵だったのです。

 

これも行き過ぎたバリアフリー化の一つと言えるでしょう。むやみに新しいモノに飛びついたり、機器や設備の導入を図るのは、大きなお金がかかる上、いったん造ってしまうと簡単には元に戻すことができません。ともすると、頭の中だけで考えたバリアワリーは大きな失敗を招きがちです。支援機構の仕様にあるような基本だけは押さえながら、我が家にとってのバリアフリーを慎重に検討すべきです。

 

行政もバックアップする住宅のバリアフリー化

急速な高齢化社会の到来で、多くの自治体が住宅のバリアフリー化を促す施策を次々に取りはじめています。従来は、通常の住宅に対する助成だったものを、バリアフリー化融資に衣替えしたところも少なくありません。限られた予算でやりくりする苦肉の策とも言えますが、いずれにせよ、有利な助成が受けられる可能性があるので、まずは確認してみましょう。

 

共用部分のバリアフリー化

家の中は、家族が共有して使う場所と個別の場所に分かれます。とくにバリアフリー化か必要なのは、家族で共用する部分。玄関や廊下、キッチン、トイレなどを使わずに生活することはできません。手すりを付けたり、十分な広さを取ったりして、家族の誰もが安全に使える仕様にしましょう。また、和室との境である敷居の高さにも注意が必要です。バリアフリー住宅の対象は高齢者だけではありません。家族の誰かがいつ大きな事故に遭うかわかりませんから、これから家を建てようと考えている人は、それが二世帯住宅でなくともバリアフリーについて検討することをおすすめします。

 

個別スペースはしっかりと

たとえば高齢になった両親の寝室など家族が個別に使う場所は、入口の戸から床、家具まで徹底したバリアフリー化を考えましょう。トイレを近くに設けるのは基本ですが、最近では強力な脱臭機能を備えだ室内用のトイレも登場しています。

 

バリアフリー住宅は融資条件が有利?

住宅金融公庫の有利な条件での融資は、公庫廃止後も経過措置として継続中です。階段と浴室に手すりを付ける、床と出入口の段差をなくすなど規定があるので住宅金融支援機構に確認を!!


 このエントリーをはてなブックマークに追加