ハウスメーカー・注文住宅の坪単価の謎

坪単

坪単価だけで判断することは大きな間違い!!

ハウスメーカーや住宅会社を単純に坪単価で比較している人がいますが、それは実はまったく意味がありません。建築価格を面積(坪)で割った坪単価には、建築価格の中に何を含めるかという決まりが何もないのです。言ってしまえば、ハウスメーカー、工務店、住宅会社それぞれで、坪単価の基準が違うのです。したがって、下げようと思えばらいくらでも下げられます。

 

たとえばローコスト住宅が提示する非常に安い坪単価は、基本的に屋根と壁とドアがついているくらいだけで割り出しています。キッチンどころか、お風呂やトイレ、ベランダまでオプション扱いになっているケースもあります。タ●ホームやアイ●ルホームがそうです。

 

 

安く見せるテクニックにだまされない!【坪単価】

「500万円台で家が建ちます。坪単価24万8000円です」という会社のチラシをよく見たら、オプションにサッシと書いてありました。なければ住めないものまでオプションにしていました。住める状態にするために必要なものをすべてプラスして計算してみると、結局はなんと坪単価60万円くらいになってしまいました。坪単価を比較しながら住宅展示場やモデルハウスを見て回る人がいますが、安く見せるテクニックで売る上記のようなハウスメーカーや工務店、住宅会社に出くわしてしまうかもしれないので、ぜひ注意してください。

 

 

値札だけ見ても、注文住宅の価値はつかめない

注文住宅の世界では、広告などに付けられた価格だけを見ても、その本当の価値をおしはかることはできません。たとえば、1700万円で建売仕様のような家と、2000万円で高気密高断熱でZEH仕様で太陽光発電がついて耐震等級の最高位であるランク3の家があるとします。どちらが本当の意味で割安でしょうか?考えるまでもありません。差額が300万円なら、後々のメンテナンスやランニングコストを考えると、圧倒的に後者がお買い得といえます。10年もかからずに差額を逆転するだけでなく、耐用年数も違います。前者は30年後に建て替えか大規模なリフォームが必要になるでしょう。一方、後者は50年はもつでしょう。しかし、多くの人はそこまで考えが及びません。「2000万円なら坪単価は50万円。こっちは1800万円だから坪単価45万円。5万円も安い!!」と騙されてしまうのです。

 

 

部材のグレードに目を向ける!!

注文住宅の価格で問題なのは、総額から割り出す坪単価ではありません。重要な部分に使う部材のグレードとその価格にあります。第一に、基礎断熱、屋根断熱、壁断熱などの断熱レベル、サッシとドアの断熱性能レベル。住宅の断熱性能はこれらで決まりますから、どんな性能水準の部材が使われるか知ることはとても大切です。耐震を考えれば構造も気になる重要な要素です。耐震強度はどれくらいの水準なのか。ハウスメーカーや住宅会社からそのあたりを細かく聞き、総額を出してもらうことです。諸経費や付帯工事も、すべて金額を出してくれるように頼みましょう。部材のグレードや価格などは、インターネットで検索すれば、ある程度は調べることもできるし、住宅会社に直接尋ねてみてもいいでしょう。住宅会社を信頼するのと、すべてお任せにするのとでは意味が違います。このような人が騙されるのです。その値段が何を指しているのか、素人といえども敏感になるべきなのです。

 

 

コストダウンしていい部分といけない部分を見極める!!

予算との兼ね合いでいえば、削っていいところと絶対に削ってはいけないところがあります。コストカットしてよい部分と、してはいけない部分があるのです。基礎や柱、断熱材、屋根などは、あとから取り換えることができません。耐震性能や断熱性能など、家族の命や住み心地、健康などにストレートに影響する部分のコストは落とすべきではありません。このような部分においてのコストカットは、とても危険なことです。

 

注文住宅では、見えない部分にお金をかけることが実はとても大切です。柱、壁の中、屋根裏、床下や地盤が、家族の命と健康を守ってくれます。そこにかけるお金を妥協してはいけません。コストカットしてはいけないのです。キッチンや照明などの見映えは気になりますが、それらの設備はあとからでも取り換えることはできますから。


 このエントリーをはてなブックマークに追加