繰り上げ返済は本当にメリットがあるの?

住宅ローン選び繰り上げ

低金利時代に無理して「繰り上げ返済」するアホ!!

仮にあなたが注文住宅を建てたいと考えていて、住宅ローンを借りることができる信用力があるならば、極端な話かもしれませんが、頭金がほんの少ししかないとしてもいますぐ購入に踏み切るべきだと、私は断言できます。しかし、自分の所得や将来の生活設計を視野に入れず、最低金利がこのまま続くかのようなシミュレーションを前提に建てることは非常に危険なことです。あくまで返済に無理のない範囲で返済計画を立て、将来まで見据えて住宅ローンを組まなければいけません。

 

「できるだけ早く多めに繰り上げ返済すべき」「繰り上げ返済は絶対にするべきだ」というものも今の低金利時代では非常識になっています。金融額の常識ですが、35年のローンを組んでも、繰り上げ返済で早いうちに予定より多く返してしまえば、利息の支払いが軽減出来るし、返済期間も短くなります。老後に多くの住宅ローンを残さないのは返済方法として一つのノウハウですから、金利の高い時代には早めの繰り上げ返済は大いに推奨されました。これは事実です。しかし、繰り上げ返済をしすぎて家計の余裕資金がなくなるのはとても危険なことです。たとえば、もし家族の誰かが大病したりして急な出費が必要にでもなれば、たちまち家計が厳しくなってしまいます。そして破綻してしまうのです。今の低金利なら、無理して繰り上げ返済をせずに、着実に返していくほうが賢いのです。

 

 

※この低金利の時代に、今もののうのうと「繰り上げ返済至上主義」を述べている方もいます。そのような方の意見を以下に紹介しておきます。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

「繰り上げ返済」こそが賢い返済方法!!

ローンの返済は、短期で終わらせるほど総返済額が減ります。余剰金が貯まったり、臨時収入が入ったりしたら、繰り上げ返済をしましょう。

 

 

返済を繰り上げれば楽になる

元利均等返済を選択していると、初めのうちは返済額のほとんどが利息で、元金が減りません。すると返済期間が長期に渡りますが、返済総額が増えるだけでなく、見込んでいた収入が得られなくなるようなハプニングの危険性も高まってしまいます。そこで、できるだけ早めに返済を終わらせるため、まとまったお金ができたときに、元金の一部を先に返済する方法が「繰り上げ返済」です。ただし、やみくもに繰り上げ返済をすればいいというわけではありません。多くの場合、繰り上げ返済には手数料がかかります。繰り上げ返済分は貯蓄して、ある程度まとまった時点で返済するのかよいでしょう。

 

 

ボーナス返済とは異なる

繰り上げ返済と似た方法に「ボーナス返済」がありますが、これは年2回のボーナス日に一定額を返済しなければいけないため、急な出費があると負担に苦しみます。ですが、繰り上げ返済なら無理のない時期や金額を選べるので安心なのです。

 

返済期間を短縮すること

繰り上げ返済には、完済日を早める「期間短縮型」と、当面の負担を減らす「返済額軽減型」の二つの方法があります。月々の返済額が負担でないなら、利息分か減る期間短縮型を選びましょう。また、契約時に前払いで保証料を払った場合は、返却期問を短くした分だけの保証料も還付されます。

 

複数あるローンはどれから繰り上げ?

金利の高さ、金利のタイプ、返済期間の残りの長さ、借り入れ総額の順に比べます。とくに、繰り上げ返済の効果が出やすい金利の高いローン、リスクのある変動金利型ローンは優先して繰り上げを検討してください。

 

繰り上げ返済の2つの種類!!

期間短縮型

月々の返済金額を変えず、返済の終了時期を早める方法。短縮期間分の利息をカットし、総返済額を減らせる

 

返済額軽減型

返済期間を変えずに、月々の返済額を減らす方法。利息の軽減にならないので、総返済額自体は減りにくい

 

まるで白痴の意見でございます・・・


 このエントリーをはてなブックマークに追加