火災保険は必須!!【住宅ローン】

 

住宅ローン利用時は災害保険も検討しよう

せっかく手に入れたマイホームを災害で失うことは十分に考えられます。住宅ローンを組んだならなおのこと、返済の負担だけ残らないよう対策を。

 

 

火災保険には必ず加入する

不注意での出火、藩雷、隣家の火災の延焼・・・火事はいつ襲ってくるかわかりません。ローン返済を抱えたところに補修費用や新たな住居費が加わると、生活はさらに苦しくなり、最悪家計が破綻してしまうこともあり得ます。公的融資、民間融資に関わらず、住宅ローンを組むには何らかの火災保険の加入が必要。ローンを申し込んだ金融機関で火災保険を一緒に申し込めば保険料が割引になるので、ほかで別途加入するよりも割安です。このとき気を付けたいのが保険の内容です。総合保険であればいいのですが、そうでなければ水害や、強風で飛来した物による住宅損壊などが対象外となってしまいます。

 

 

地震の対策は「地震保険」で

地震による火災は火災保険の補償対象外なので、補償を受けるには「地震保険」に加入します(地震保険に加入するには火災保険への加入が必要)。地震保険は地域により保険料が違い、地震の被害が多い場所ほど保険料は高くなります。また、耐震設計の優れた建物は保険料が割引になるので、該当するかどうか確認しましょう。

 

 

家財にも保険がかけられる

住宅ローンの特約火災保険は、建物にしか補償がないこともあります。その場合は、別途「家財保険」をかけましょう。盗難に対しても補償がきくので、貴金属や骨董品など、高価な財産があればぜひ備えておくべきです。損害保険料控除は地震保険料控除へ変更以前はいくつかの損害保険料が控除の対象でしたが、平成18年の税制改正で、対象は地震保険のみになりました。範囲は狭まった代わりに、最高で5万円までと控除額が拡大したので、年末調整や確定申告で忘れず申告をしましょう。

 

 

3大災害保険【マイホーム】
保険の種類 対象となる条件 保障額
火災保険 火災・落雷・破裂・爆発・風・ひょう・雪災による損害。風害は被害額20万円以上の場合(※1) 同程度の家を再度建てる場合の金額か、家の時価評価額が限度
地震保険 地震・噴火、またはこれらによる津波を原因とする火災、損壊、埋没または流失による損害 建物5000万円、家財1000万円を限度に、火災保険の30~50%
家財保険 セットにする火災保険の補償範囲の災害・事故で家財に受けた損害。地震による被害は、地震保険を付帯しなければ対象外 3人家族の場合、目安は600万~1800万円

 このエントリーをはてなブックマークに追加