「ヤマダ・エス・バイ・エル」→「ヤマダホームズ」

ヤマダホームズの家

 

 

 

『ヤマダ・エスバイエルホーム』の坪単価は約55万円です!!

 

ヤマダ エスバイ エル

 

 

 

 

 

 

【要注意】

『ヤマダ・エスバイエル』の坪単価は約55万円だが実は…

 

ヤマダ電機が展開する『ヤマダ・エスバイエルホーム』の平均坪単価は約55万円前後だと言われています。

 

しかしこの55万円はあくまでもスタンダードシリーズの坪単価です。『ヤマダ・エスバイエルホーム』には「邸宅シリーズ」という高価格帯のシリーズもあります。こちらの住宅になると坪単価は大きく跳ね上がります。 また『ヤマダ・エスバイエルホーム』はご存知のとおりヤマダ電機が展開するハウスメーカーなので、ZEH住宅や家電との融合した住宅を得意としています。そのような住宅になれば、55万円の予算では難しいようです。

 

すなわち選ぶ商品によって坪単価は大きく異なるということです。

 

ですからあなたの希望の住宅シリーズで、実際に見積もり請求をしてみないと、具体的な坪単価はわからないのです。またネット上にある根拠のない『ヤマダ・エスバイエルホーム』の坪単価情報に、踊らさせるのも時間の無駄になります。

 

ですから

 

「見積もり」請求をオススメします!! 

総価格 ÷ 延床面積 = 坪単価

 

★見積もり請求すれば坪単価がわかります!!

 

 

 

 

『ヤマダ・エスバイエルホーム』のオシャレなの外観

地震に強いパネル工法

 

『ヤマダ・エスバイエルホーム』

 

 

 

『ヤマダ・エスバイエルホーム』見積もりはこちらから!!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

『ヤマダ・エスバイエル』の見積もりは【タウンライフ】がお勧めです!!

 

【タウンラフ ハウスメーカー特集】の4つのポイント!!

 簡単インターネット見積もり!!
 ネット見積もりなので営業されない!!
 一度に複数社からまとめて見積もり!!
 完全無料・利用はタダデ安心!!

 

地所ホームの見積もり書

地震に強いパネル工法の『ヤマダ・エスバイエルホーム』の見積もりならば、【タウンライフ ハウスメーカー特集】が勧めです!!

 

モデルハウスや住宅展示場に行かなくても、『ヤマダ・エスバイエルホーム』の見積もりが簡単に手に入ります。しかもインターネット見積もりなので、しつこくわずらわしい営業をされる心配もありません。 また他のハウスメーカーの見積もりも同時に複数まとめて請求できるので、比較検討には最適です。たくさんの見積もりや資料を集めて比較すれば、『ヤマダエスバイエルホーム』の魅力もよくわかるはずです。さらに見積もり請求は “無料” なのです。料金は一切かかりません。

 

★『ヤマダ・エスバイエル』の見積もり請求はこちらから↓↓↓

ヤマダ

 

 

 

 

 

ハウスメーカーで「見積もり」すると…しつこい営業?

 

ハウスメーカーの見積もりはそう簡単には手に入れることはできません。

 

 

アンケート記入

見積もりが欲しいのならば住宅展示場やモデルハウスなどへ足を運び、営業マンの長い長い説明を聞いて、こちらの個人情報も詳しく伝えないと、ハウスメーカーは見積もり作成をしてくれないのです。いきなり見積もりを作って欲しいと頼んでも、すぐには作ってくれないのです。さらに展示場やモデルハウスへ行けばアンケートへの記入が必須なので、

 

直接的な営業をされることになります。

 

そうなれば頻繁に営業電話もかかってきますし、時には直接自宅へ訪問されることさえあるのです。見積もりを作成するということは購買の可能性が高い「見込み客」になるということです。ハウスメーカーに取って非常に重要な「見込み客」となるのです。そのような重要な客をハウスメーカーが放置しておくはずがありません。場合によってはしつこく強引に営業される可能性もあるのです。 『ヤマダ・エスバイエルホーム』ではこのようなことはありませんが、他のハウスメーカーではよくあるそうです。

 

ハウスメーカーの見積もりを集めることは大変な事なのです。

 

 

 

ですから「ネット見積もり」をおすすめします!! 

 

 

 

しつこく、強引に、何度も営業されるのは嫌ですよね!! そんな心配もネット見積もりなら必要ありません。展示場やモデルハウスへ行かなくても、インターネット環境があればどこでもすぐに見積もり請求ができるのです。手続きはネットで全て行うので、しつこく煩わしい営業をされる心配がないのです。しかも無料で複数のハウスメーカーをまとめて見積もり請求できるので比較検討には最適です!! 

 

ネットなら見積もりが簡単に手に入るのです!!!!!

 

 

『ヤマダ・エスバイエルホーム』の住宅と坪単価

『ヤマダ・エス・バイ・エルホーム』は、大手ハウスメーカーのミサワホームとよく似た【木質パネル接着工法】を採用した中堅のハウスメーカーです。ミサワホームよりも約10万円~20万円程度、坪単価が安い住宅を展開しています。一方で「邸宅シリーズ」という坪単価が約80万円にもなる高級住宅シリーズもラインナップしています。熊本地震以降、地震による住宅の倒壊被害が注目される中、木質パネル工法を採用する『ヤマダ・エスバイエルホーム』にも大きな注目が集まっています。

商品名 平均坪単価
 ニューオーセン  50~60万円
 es  55~60万円
 イーシェリエ  50~60万円
 スマートエコスタイルゼロ  55~65万円
 ユトリノ(3階建て)  45~50万円
 ヴィレンツ(3階建て)  55~60万円
 ニューオーセント(平屋)  55~65万円

【要注意】

上記の坪単価は、当サイト管理者が独自に調べた坪単価です。ヤマダ・エスバイエルホームの公式な坪単価ではありません。あくまでも参考としてお考えください。具体的なヤマダエスバイエルホームの坪単価を知りたい方は、ネット見積もりの【タウンライフ】を強くお勧めします。

※『ヤマダホームズ』の見積もり請求はこちら!!


 

『ヤマダ・エスバイエルホーム』と比較されるハウスメーカー!!

『ヤマダ・エスバイエルホーム』は木質パネル接着工法を採用されていますので、同じ工法のハウスメーカーと比較されるとお思いでしょうが、実はそうではありません。『ヤマダ・エスバイエルホーム』と同じ木質パネル接着工法を採用しているのは、大手ハウスメーカーのミサワホームだけです。しかしミサワホームとは価格差が大きいので、実際には比較されることは少ないようです。多くの場合は木質パネル接着工法に似た「2×4工法」「2×6工法」のハウスメーカーと、比較される事が多いようです。

 

■木質パネル接着工法のハウスメーカー

ハウスメーカー名 工法 坪単価
ミサワホーム 木質パネル接着工法 70~80万円

 

 

■2×4工法・2×6工法のハウスメーカー

ハウスメーカー名 工法 坪単価
セキスイハイム 2×6工法 75~85
三井ホーム 2×6工法 85~95
住友不動産 2×4工法・2×6工法 70~85
三菱地所ホーム 2×4工法 70~85
セルコホーム 2×4工法・2×6工法 50~60
東急ホームズ 2×6工法 50~60
メープルホームズ 2×4工法 50~60
ヤマダ・エスバイエルホーム 木質パネル接着工法 50~60

※各社の見積もり請求はこちらから!!



「ヤマダ・エス・バイ・エル」 電気屋の住宅は本当に大丈夫?

 

ヤマダ電機の家は

 

 

目次

 

 

買ってもよいのか?

 

2011年夏に家電販売の大手「ヤマダ電気」は中堅ハウスメーカーの「SXL(エス・バイ・エル)」を子会社化しました。これによって誕生したのがヤマダ・エスバイエル ホームです。すなわちヤマダ電機が展開するハウスメーカーです。

 

ヤマダ電機に買収された「SXL(エス・バイ・エル)」は創業が1951年の歴史あるハウスメーカーです。業界最大手の積水ハウスの創業が1960年なので、老舗中の老舗といっても過言ではありません。ここ10年間は売上棟数トップ10を維持し続けていました。設計やデザイン力に定評があり、大手ハウスメーカーと競合することが多かったのです。さらには設計事務所や建築家とも競合するケース希ながらあったようです。特に外観のデザイン性は高く、一見するとハウスメーカーの住宅には見えず、設計事務所や建築家が手がけた住宅に見えると評判でした。

 

また早くから工業化住宅(プレハブ工法)に取り組み、開発に力を入れてきました。全国でも14社しかない工業化認定を取得しています。これは国土交通大臣が定めるもので、その会社が製造する住宅が一定の性能をクリアしていることをあらかじめ審査し、認定するというものです。この認定を取得したことで、建築確認申請などの手続きを大幅に簡略化することができるという大きなメリットがあります。いわゆる最大手の積水ハウスやダイワハウス、セキスイハイム、ミサワホーム、パナソニックホームズなどがこの工業化認定を取得しています。

 

 

 

地震・災害が怖い心配なら『ヤマダ・エスバイエル』の家を買え!!

得意とする住宅の構造は木質パネル一体構法です。この工法は基本的にはツーバイフォーと同じですが、前者が部材を接着剤で接合するのに対し、後者はクギで行う。接着時の「面」とクギの「点」ということが大きな違いです。そのため建築構造的にはツーバイフォーの住宅よりも頑丈な家になるのです。耐震性や耐久性、強度などが大幅に増すのです。この具体的な性能としては、標準で国が高性能で長寿命であるとして認定する、長期優良住宅に対応していることでも証明されていると言えます。このことで住宅ローン減税の特別条件を満たすほか、長期固定金利のフラット35の最優遇金利などを受けることができるのです。

 

また耐震性では、住宅性能表示制度において、最高等級の耐震等級「3」の評価を受けています。これは建築基準法をクリアしたうえで、震度7程度で倒壊しないとされる等級1のなんと1.5倍もの耐震性能なのです。これに関しても木質パネル一体構法の強靭さが伺いしれます。さらには省エネ性能も同制度で最高等級4を実現しています。基準となる断熱性能を表すQ値は2.06で、この数値は低ければ低いほど良く、大手平均の2.5前後に比べると素晴らしい断熱性能と言えるでしょう。アフターフォロ-体制も充実しており、トラブルは24時間受け付け体制を完備。保証期間は定期的な有料点検を受けていれば、なんと業界初の無期限となっています。

 

 

ヤマダ電機が「SXL(エス・バイ・エル)」を買収した目的は?

このような力持つハウスメーカーをヤマダ電機は買収することに成功したのです。これまで住宅は関わってこなかったヤマダ電機が、老舗の実力ハウスメーカー「SXL(エス・バイ・エル)」を買収し、『ヤマダ・エスバイエル ホーム』を子会社化し誕生させた目的に一体何なのでしょうか?

 

デザインが良いヤマダ・エスバイエル

一つ目の目的は、全国のヤマダ電機の店舗で住宅を含めたトータルの提案が出来るということです。すなわち住宅会社の敷居を低くしたということです。次に住宅と家電をトータルで提案できることです。「その冷蔵庫は入るのか」「テレビを置くベストポジションはどこか」といったことにすぐにその場で答えてもらえるのです。そして最大のメリットはりリーズナブルな価格のZEH住宅、及びスマートハウスを提供できるということです。これから大きく広がるであろうZEH住宅を強く意識しているのです。つまり魅力的なデザインと充分な品質を備えた住宅と、家電商品を含むZEH住宅及びスマートハウスが、気軽に相談できるようになっているのだ。しかもトータルで提供することで、他のハウスメーカーよりも魅力的な価格で提供が出来るのです。

 

 

 

『ヤマダ・エスバイエル ホーム』のZEH住宅のメリットは?

家庭内で使われるエネルギーを、家庭内で補うのがZEH住宅です。断熱性を向上させ、データ通信技術を利用して家庭内のエネルギー消費を最適化します。もともとはIT通信網を介したサービスヘの対応を目的としていマシが、時代の変遷に伴い内容は大きく発展していきました。現在ではサービスの目的がエネルギー消費の最適化・効率化に偏向している状況です。

 

一般的には太陽光発電システム、蓄電池システムとHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)を装備する家をZEH住宅と呼ぶことが多い。なおHEMSとは一般的に家庭で使用する電力、水道、ガスといったエネルギーの利用状況をパソコンやスマートフォンで確認できるシステムを指します。エアコンや給湯器のオンーオフなどの遠隔操作もできる場合もあり、メリットが非常に大きいのです。このように家庭内すべてのエネルギー消費を最適化し、省エネに役立つZEH住宅ですが、関連設備導入に対する費用が高いと言う大きなデメリットも指摘されています。

 

こうした背景を踏まえたうえで、『ヤマダ・エスバイエル ホーム』のZEH住宅はどうなのでしょうか? 装備としては、太陽光発電システム、蓄電池システム、HEMS、電気自動車用屋外コンセントを備えており、一般的なZEH住宅と言えます。そのうえで『ヤマダ・エスバイエルホーム』のZEH住宅は大きなメリットを備えているのです。それが電力の供給と充電とを適宜使い分けられるという点で、最も割安な夜間電気料金で蓄電池に充電し、早朝や夕方は蓄電池から電力を供給。昼間は太陽光から電力を供給し、余った分は売電または蓄電池に充電という4つのフローを行う事で電気料金削減に貢献することができるのです。また停電時には太陽光と蓄電池のダブルで電力を供給できるという大きな利点もあります。

※ハウスメーカーの工法を解説!!

※ツーバイフォーの歴史

 

 

『ヤマダ・エスバイエル』のZEH住宅のデメリットとは何?

ヤマダ電機のぜんじろう

そしてデメリットとして指摘された費用ですが、『ヤマダ・エスバイエル ホーム』のZEH住宅は非常にリーズナブルです。たしかに従来の「SXL(エス・バイ・エル)」のモデルにそのまま装備を追加したら、単純にスマート化の費用が上乗せするわけですからその分だけ高額になるのです。費用対効果を考えても決して効率的とは言い難いでしょう。そこで考案されたのが、ZEH住宅に特化した「E-シェリエ ゼロ」と「e-スマイル ゼロ」というモデルです。

 

このモデルはZEH住宅として必要な装備をすべて完備したうえで、間取りを170プランのみに限定することで価格を低く抑えたものです。どの程度の違いがあるのか、具体的な例を挙げてみましょう。たとえば延床面積が約34坪の場合で
は、本体価格は1997万円となっています。坪単価はなんと約57万円なのです。ここから太陽光発電システムなど設備費用350万円を差し引くと、坪単価はわずか47万円となるのです。これに対して大手ハウスメーカーの平均坪単価は約75万円オーバーなのです。このことからどれほどリ-ズナブルなのかがわかるでしょう。

 

 

ヤマダ・エスバイエルのZEH住宅が安い理由!!

ちなみに『ヤマダ・エスバイエル ホーム』全商品の平均坪単価は約55万円程度となっています。このことでもわかるように『ヤマダ・エスバイエル ホーム』のモデルのなかでかなりお買い得プライスということが言えるでしょう。この価格の理由はなによりも間取りのプランを限定して、大胆な効率化を図ったことが大きいでしょう。これに加えて『ヤマダ・エスバイエルホーム』と同様に子会社化したハウステックの住宅設備(キッチン、バスなど)を採用していることも効果的なのでしょう。これはつまり、間取りや一般住宅設備の選択肢を限定して、その分、ZEHの性能を加えたもの、ということができるのです。

 

確かに間取りや設備の選択肢は少なく、しかもまずはコストが最優先されているため、『ヤマダ・エスバイエル ホーム』の持ち味であるデザインの良さも活かしきれているとは言い難いのですが、本来の目的であるZEH住宅としての性能ではまったく妥協をしていないことは事実です。これは言うなれば名を捨て実を取るようなものです。家電な販売がメインのヤマダ電機的な考え方でもあるのです。まずはハウスメーカーのZEH住宅であることにこだわるなら、決して悪い選択肢と言えるでしょう。

※家づくりの基礎知識

※住宅ローンの基礎知識

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加